スタジオさくさく 

写真、猫、バイク(NC30、GB400TT)、40代の趣味の絵日記ブログです。

キヤノン 民生ビデオカメラG40

キヤノンの業務用ビデオカメラXA30




現在のメインカメラG10(2台)をサブ機に降格させて、

メインをこのXA30に置き換えたいと悩みつつも

値段が値段だけに、二の足を踏んでいます。

# ハンドルユニットをつけるとなると
# +3万円なので20万円位してしまいます(^^;


そうこう悩んでいるうちに、

同じキヤノンから民生機Verがラインナップされました。

Canon iVIS HF G40


操作性、画作り、ズーム倍率など基本仕様はほぼXA30と同じ。


ただ民生機なのにキヤノンのダイレクト販売でしか買えないという

よく分からない販売方式。

そのお陰で、値段的には(本体だけなら)

業務用XA30とさほどかわらず、さらに長期保障がつけられません。

ほんとにG40を売りたいのだろうか・・・


となると業務用マイクが接続できるXA30で決定!

となるわけですが、なぜかXA30には波形モニター機能がありません。

(なぜか民生機のG40には波形モニターがある)


業務用機が欲しいのに

この波形モニターが付いていないのもまた悩みのタネだったりします。



ちなみに波形モニターに拘る理由なんですが・・・


手持ちのG10の液晶モニタ
g10wm-1.jpg

液晶モニターをみると、ピントが出ている部分に赤のピーキングが

表示されます。(ちょっと見づらい)

さらに、明るさが70%の部分にゼブラパターンが表示されています。


撮影時、これらを3.5インチの小さな液晶画面で、

確認しなければなりません。

これが結構わかりづらいんですよね。

(というか無理に等しい。)


実際、自宅に帰ってPCのモニタで確認したら

ピンボケしてたなんてことが、何度かありました。


そこで頼りになるのが、波形モニター
g10wm-2.jpg

波形でみるとどこにピントのピークがきてるのか、

一目瞭然ですね。


次は露出の波形。
g10wm-3.jpg

これも白バイが約70%の露出になっているのが分かります。


つまり確実に撮影するには、これらの機能がとても重要なんです。



プロにこそ必要なこの機能がなぜ、業務用機XA30に搭載されず

民生機のG40にあるのかCANONの方針が分からない・・・

プロは更に上の機種XF205を買えというのか・・・

# XF205には波形モニタ機能が付いてます。


9インチ外部モニターとXA30をセットで買うしかないのかな・・・

映像撮影はお金が掛かりますね。

本業の人が撮影した映像が高いのもうなづけます(^^;
関連記事
  1. 2016/02/29(月) 19:06:19|
  2. ビデオカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://camcatbike.blog.fc2.com/tb.php/247-92822300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad