スタジオさくさく 

写真、猫、バイク(NC30、GB400TT)、40代の趣味の絵日記ブログです。

パソコン修理

CPUファンが壊れたことが判明し、
代わりのファンを注文して翌日に到着。

amazon 早っ!




まず兜クーラーに付いているファン(故障)を取り替えるんですが、
PCケース内が綿ほこりまみれ・・・

fan_repeire01.jpg

こんなときはコンプレッサーでエアブローです。

ものすごい勢いで埃が取れました。これだけで調子が良くなった気分w


新しいファン(12cm)に取り替えます。
fan_repeire05.jpg

ついでに古いCPUグリスをティッシュでふき取り

新しいグリスを塗布。
fan_repeire10.jpg


下敷きをカットした「へら」で何度も均していきます。
fan_repeire13.jpg


さてインストール。
fan_repeire14.jpg


しかし、なんかヘンです。

負荷がないにも関わらず、OCした瞬間にCPU温度が98度とかありえない数値になってしまいます。

CPUクーラーとCPUにちょっとガタがあることが判明(クーラーを押し付けると、温度が下がるので気づきました)


CPUクーラーを外して観測してみると、上部2箇所のねじが欠損しています(^^;

fan_repeire18.jpg


早速代替のねじを取り付けてガタがないように再組み込み。

OCの状態でCPU負荷を70%くらいまで掛けてみました。

turbo.jpg


対策前だと98度くらいいってたのですが、70度以下にまで下がりました。

約20%のクールダウンです。


私のパソコンのCPU(i7-870)は発熱が凄いと酷評なのですが、

きちんとメンテ(グリスアップ、適切なクーラー)を取り付けることで

OC常用可能なCPUであることが分かりました。



最近CPU温度が高いなと思ったら、

グリスアップとクーラーのメンテをしてみるのも良いかもしれません。


それにしてもパソコンの配線、なんとかならんものか(^^;

関連記事
  1. 2016/06/17(金) 22:04:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://camcatbike.blog.fc2.com/tb.php/269-60109986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad