スタジオさくさく 

写真、猫、バイク(NC30、GB400TT)、40代の趣味の絵日記ブログです。

スカイレークエンジン導入

くれっしぇんどコンサートビデオの編集が終わって束の間ですが、次期編集PCを構築しなければなりません。
# 生徒さんたちは既に次のピアノ発表会に向けて頑張ってますね


構成を検討する日々が続くこと2週間。絶対条件としては

OS:Windows7 64bit(EDIUS6を使うため、Win10は使えません)
CPU:INTEL core i7 6700K
MB:Z170のチップセット(上記CPUをオーバークロックでの使用も考慮。4K編集も視野に入れたい)
MEMORY:DDR4-2400  16GB

価格.comやAmazonの相場を頭に叩き込みつつ、立ち寄った山形市内のPC工房で思いもよらず、通販価格より安価でそろってしまいました。たまには覗いてみるものですね(^^)


自作PCを組む知人に話したところ、これくらいになると「変態レベル」のスペックだという。褒め言葉としてとるには少々キツいなぁ(^^;)
パソコンを快適に使うことよりも、ただベンチマークの結果を追い求めるだけのチキンレースになるという自作機マニアの世界とは紙一重のビデオ編集ターンキーシステム。くれぐれも道を踏み外さないようにしないと。

さてこのi7-6700K(通称Skylake:スカイレーク)、最新のi7-7700K(通称Kavylake:カービィレーク)とはスペック的にそれほど差がなく、ハードウェアエンコーダQSV(クイック・シンク・ビデオ)の画質もなかなか。高画質、高速エンコードが期待できます。そういうこともあって結構人気で品薄だったりします。

編集ソフトEDIUS6(ver6.08)、オーサリングソフトTAW5でもどちらもQSVに対応しており、快適な編集環境を手に入れたことになりますね。早く使ってみたい…。

M/Bの説明書を読んでいくと最新のSSDのI/F「M.」やUSB3.1といった新規格のI/Fにも対応していたりと拡張性豊かなM/Bであることが判明し、危険なPC沼に嵌りそうな悪寒が…(より高速なI/Fで接続したSSDを作業ドライブとして使ったら、快適なんだろうな、ゴクリ)

とりあえず、パソコンを組み直したら二度と起動しなくなったなんてことにならぬよう、くれっしぇんどコンサートのビデオの配布が落ち着いてから作業に着工しようと思います。
関連記事
  1. 2017/02/08(水) 18:59:52|
  2. ビデオカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://camcatbike.blog.fc2.com/tb.php/315-ecd071e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad