スタジオさくさく 

写真、猫、バイク(NC30、GB400TT)、40代の趣味の絵日記ブログです。

43歳を迎えての決意

20年以上サラリーマンをやってきて、もう今年で43歳になりました。

30才で結婚し、二人の子供に恵まれ、住宅ローンを抱え(笑)おそらく世間一般的には幸せな生活をおくれているはずが、正直40代に突入してから「ある不安」を感じ始めました。

よくある話ではあるんですが、やっぱりお金のことです。

年収600万で上位10%という現実を知ってる?
お金お金って守銭奴かよ!って思われるかもしれませんが、生きるも死ぬも金次第なこの国、いままさに大格差時代に突入した修羅の国でお金のことを考えるなという方が無理ですってば。

というわけで『お金に強くなる生き方』から、「なるほど!」と思わず感得した内容を紹介します。
                                              「ポジ熊の人生」より引用


労働者マインドであることの危機がよーくわかる記事ですね。読んでいて身が引き締まる思いになります(笑)

地方の製造業(まして町工場レベル)では給料はたかが知れています。「足るを知る」ことはとても大切ですが、実際生活してみると「足らない」というのが実情でありまして何とかして、収入を増やす努力をしなければならないと思うようになったのが40代。

住宅ローン、子供の教育費、親の介護、そして自分たちの老後の資金。これだけあると不安にならないほうが不思議です(笑)

「将来のことを考えると不安になるから考えない」というひといますが、それは思考停止というか現実逃避でもあってちょっと危険。どうせなら明るい希望をもって今を生きたいじゃないですか。

好きなこと副業でする




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7205060551058275"
data-ad-slot="6125064772"
data-ad-format="auto">


正直会社員での昇給は諦めました。今の会社に10年以上勤めましたが昇給は2万円ちょっと。少なくはない時間、前職で得たIT技術で実務アプリを作っても、この結果(昇給額)ではコスパ悪すぎですね。

ただ経営者の立場で考えると人件費はなるたけ抑えたいわけですから、こうなることは当然のことでしょう。

じゃあ、自分が経営者だったら従業員に大盤振る舞いをするかといえば、正直否です(笑)

つまり「努力の方向性が間違っていた」というわけです、気づくのが遅すぎですね、ただ学校や社会がそういう「労働者マインド」を教育で刷り込み「労働者」を量産するわけですから気づかない方が普通です。

前置きが長くなりましたが、結論!やっぱりサラリーマンは「副業」をすることが大事なのかと。
サラリーマンの副業の平均額は4.3万円。皆何やってるの?
最近まわりで、「給料以外の稼ぎ」を得ている人が増えてきているように感じる。

インテリジェンス社の調べによれば、若手社員の5人に1人は副業をしている、という。
                                              「Books and Apps」より引用

この記事ですごく感銘を受けたのが、この一文。

「しかし、副業をしたほうが良い理由は、「お金」ではない。もっと重要な理由は、「稼ぐ練習」ができることにある。」

自分で商品を「作る」「告知する」「売る」。
これが「(自分で)稼ぐ力」なんですよね。こういった経験はただ会社員だけをしていては身につきません。そしてそのまま定年を迎えたときには何にもできないお年寄りになってしまうんですよね。こうなってからでは正直遅い。

なるたけ早い段階からスキルと、この「(自分で)稼ぐ力」を鍛えることが大事で、その経験は一生の財産になりますね。

本業をやった上でさらに休日に働くのはつらいと思えますが、好きなことなら苦じゃなくなるから不思議です。逆に本業のほうが苦になってるかもしれません(笑)

ちなみに私の場合、ビデオ編集をどこか楽しんでいるところがあって、時間を忘れて日を跨いでいたなんてことがしょっちゅうなんです。

これが本業であったら即、鬱病になるかもしれませんね。好きで夢中になれることって素晴らしい。

もちろん本業でもベストを尽くしますよ。本業でベストを尽くさないと怠け癖がついて結局自分のためになりませんから。
「給料が安いから、評価されないから」と言って仕事で手を抜くと、あとで困ったことになる。
「給料上がらないし、評価されないから適当にやってるの。」と、知人は言った。

「こんなに安い給料で、真面目に仕事やってらんねーよ。」と、若手社員も飲み会で愚痴った。
                                              「Books and Apps」より引用


正直、上記の記事の若手社員と同じ気持ちになって、本業の手を抜いても良いんじゃないかと思ったこともありました。
ですが、自分の性格からしても手を抜くことが癖になることがわかっていたので、むしろフルパワーで速く仕事をこなすように意識するようになりました。
おかげで残業代が減って手取りは減りましたけどね(^^;)

ただ「時間」という貴重な資源は確保できました。


読書をする




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7205060551058275"
data-ad-slot="6125064772"
data-ad-format="auto">


上記のながれで確保した時間、体力で読書に時間を当てることを自分のルールにしています。
定時退社したら2時間、残業(といっても1時間ですが)したら1時間は読書の時間が確保できました。

同じ環境(特に労働者の集団)にいるとどうしても「労働者マインド」になってしまうんですよね、これが正直嫌でして・・・。

以前起業家、経営者な人たちと一席食事する機会があったんですが、彼らのマインドには心揺さぶられることが多く、環境って大事だなとつくづく思ったことがありました。

そんな貴重な体験はなかなかできることはありませんが、読書でなら得られるんですから投資としては安いものですよね。

これからもビジネス本、自己啓発本、IT技術書などを中心に読み漁って、感銘を受けた本を紹介したいなと思っています。

ブログの立ち上げ




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7205060551058275"
data-ad-slot="6125064772"
data-ad-format="auto">


あと今年中にやりたいこととして、ブログの立ち上げですね。
以前、とある団体の代表の方から当団体のホームページを立ち上げて欲しいと依頼があったんですが、知識不足のために断念したことがあります。

Wixなど無料のホームページ作成サービスを利用すれば簡単にできるのかもしれませんが、どうせやるならきちんと作りたい。そんな思いがあって、ここ最近朝活と称してHTML(タグ打ち)+CSSの勉強を始めました。

IT仕事をしていましたが、ホームページ制作に関してはまったくのど素人。
HTMLのタグなんてまったくわからなかったし、CSSって何?というレベルだったんですが、結構面白いものですね。
購入した本がわかりやすくって楽しく進んでいます。


とりあえず自分の独自ドメインのブログを立ち上げたいと考えています。

と、今年はやることいっぱいある43才、人生の転機になるように精進しようと思います。
  1. 2017/09/23(土) 01:30:35|
  2. 思うこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://camcatbike.blog.fc2.com/tb.php/341-10792523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad